JADIFとは


日本美術意匠国際化財団(JADIF)
Japan Art & Design International Foundation

はじめまして。

我々、日本美術意匠国際化財団 Japan Art & Design International Foundation (JADIF)は、国際的に高い水準を誇る日本人の潜在的な感性を世界に繋げる美術団体です。

 


日本美術意匠国際化財団(JADIF)は芸術家皆様の知的財産を国際化する役割を担います。

美的感覚は誰にでもあるものです。
たとえ美術教育を受けていなくとも絵を画いたり、作品を創作したり、その素晴らしい自己表現を発表するチャンスがあっても良いはずです。
作品を創造するという行為は古代、フランスのラスコー洞窟壁画、エジプトのピラミッドの内部の壁画などでも解かるように人に伝えたいという強いメッセージであります。
現在は色々な方法で代用できますが、自分の伝えたいメッセージをどの様に伝えるかは手段の違いだけで文明、文化が変わっても「伝えたい」気持ちは普遍です。

大事なことは、自分の伝えたいものを地球の色々な素材(絵の具、土、金属、木、布など)を利用し、自分のエネルギーを指の先から素材に充電(エネルギーの注入)する行為が素晴らしい作品を制作することだと考えます。

どうぞお気軽にご参加ください。
JADIF展(公募選抜展)、JADIFアートフェア(JADIF会員販売展)でお会いしましょう。

会長理事 加藤 哲也

 

名称

日本美術意匠国際化財団 JADIF


5箇条

  1. 公正な心で審査すること
  2. 公正な心で崇高な美的感覚を向上すること
  3. 新しく柔軟な考え方を受け入れ楽しむこと
  4. 世界へのクリエイティブな窓口として貢献すること
  5. 永続的に公正で健全な運営するための正当な利益を生み出す事

活動

  1. JADIF展(公募選抜展)を美術館で不定期開催
  2. JADIFアートフェア(JADIF会員販売展)を美術館で不定期開催
  3. 海外展を開催
  4. JADIF展での受賞者は、アーティストイヤーブックに掲載推薦

        (JADIF会員であることが掲載条件となります)

  5. 世界へ向けて、美術的チャリティー、ビエンナーレ、平和貢献活動の実施

年会費

年会費 10,000円  (入会費 無料)


役員

会長理事 加藤 哲也

彫刻家。アーティスト。1955年東京生まれ。1979年多摩美術大学彫刻科を卒業後米国留学、カリフォルニア州Academy of Art College彫刻科卒業、同大学院彫刻科修士課程修了。同大学において助手をつとめた後、1983年帰国、アーティストとして作品制作し日米で、数々の個展、展覧会を開催。マガジンハウス、資生堂、日産等雑誌コラム執筆をおこなう。リオ・グランデ大学デザイン科講師、東京デザイナー学院インテリアデザイン科学科長としてアート教育に携わってきた。現日本美術意匠国際化財団会長理事。

アーティストホームページ  http://tetsuya-kato.jimdo.com/

 

 

顧問 大竹 基介

彫刻家。キネティックアーティスト。1952年生まれ。1975年日本大学芸術学部美術学科卒業。1982年サンフランシスコアートインスティテュート大学院彫刻科修士課程修了。現在、米国カリフォルニア州デアンザカレッジ美術学科学科長。彫刻と立体デザインの教鞭をとる。陶、木材を使った彫刻を制作したのち、構築的な金属の作品に移行。2001年からはおもにステンレスを使った風で動く作品のシリーズを続ける。アイルランド、ダブリン市のジョージア州アトランタ市のアトランタ植物園、カリフォルニア州ストックトン市ウォーターフロント、サンフランシスコ市フルトンプレイグラウンドなどに作品が設置される。

アーティストホームページ  http://www.motoohtake.com

 

 

他、理事、および評議員


所在地

東京事務局

東京都世田谷区等々力2-33-10 SKビル2階

 

TEL 03-5706-4350    FAX 03-5706-4335

 

 


 

関西支部

京都府京都市中京区西ノ京中御門東町114